塾講師から見える景色

京大卒の塾講師が感じたことを共有します。

塾講師が学歴や出身大学を言ってくれない理由について。

f:id:yuki-manabi:20210318165436j:plain

「ねぇねぇ、先生ってどこの大学出身なの?」

生徒を教えているとこの手の質問は絶対にされます。

 

塾によって方針が決められていますが、大抵の塾では塾講師に学歴や出身校について尋ねてもちゃんとした回答をもらえないと思います。

 

でも、生徒のみならず親御さんの立場からしても講師の学歴は気になりますよね。

今回はこの塾講師の学歴教えてくれない問題について詳しく見ていきたいと思います。

 

学歴を教えてくれないのはトラブルを防ぐため

学歴や出身大学を教えてくれないのはひとことで言えば余計なトラブルを防ぐためです。

どんなトラブルに発展する可能性があるかと言うと、以下のようなケースが挙げられます。

 

①別の先生に変えてくれと言われる

②出身校の色眼鏡で見られてしまう

それぞれについて詳しく説明したいと思います。

 

①別の先生に変えてくれと言われる

例えばA先生(旧帝大)とB先生(あまり有名でない大学)がいたとき、あなたはどう思うでしょうか?

2人の人柄や指導実績などがなければ、多くの人が有名大学のA先生を選ぶでしょう。

 

でもそれでA先生だけに生徒が集中してしまいB先生に生徒がいないという状況が起こってしまえば塾全体の生徒をさばけなくなってしまいますし、B先生という人的リソースも確保し続けることができないでしょう。

 

そもそも学歴と指導が上手いというのはまた別の問題であって、雇っている以上そのような情報でB先生に不利益になることが起きてはいけません。

 

塾講師で学歴や出身校を隠しているというのはこのようなトラブルを避けるためでもあります。

 

②出身校の色眼鏡で見られてしまう

また、高学歴が逆に仇となるケースもあります。

例えば東大の講師がなにかミスをした場合、「なんで東大なのにこんなこともできないんだ!」と言われてしまうかもしれません。

 

社会人として働いているならともかく、学生のアルバイト講師であればこういった発言には晒したくないですよね。

 

将来的に教育業界に携わってくれるかもしれない優秀な人材に、業界に悪いイメージを持ってもらうことはできるだけ避けたいことです。

 

そのため特にアルバイト講師の場合には学歴は周りに伝えないように徹底している塾も多いと思います。

 

学歴を売りにしている塾もある

一方で学歴をバリバリ全面的に押し出している塾もあります。

例えば、「東大生の講師しかいません!」「講師に大学生はいません!」などと謳っている塾です。

 

こう言った塾に関しては聞けば教えてくれる講師も多いように思われます。

(というかそれで東大生じゃなかったりしたら詐欺ですよね…笑)

 

もし講師の学歴にこだわりたいのであれば入塾面談の際に正直に聞いてみることをおすすめします

気になるようでしたらアルバイト講師はいるのか、出身校はどこなのかについて最初に聞いておけば(ぼかされることもあるかもしれませんが)ある程度の情報はもらえると思います。

 

まとめと感想

大学生のアルバイト講師を雇っている場合には様々なトラブルを避けるために講師の学歴や出身校を隠す傾向の塾が多いように感じます。

 

しかし、すべての塾がそうであるわけではなく講師の学力を売りにしている塾では少なくとも正社員講師の情報はある程度教えてくれると思います。

気になる方は入塾前に正直に聞いてみるのが良いでしょう。

 

僕自身も働いているところでは生徒たちに出身校については答えてOKでしたし、なんか僕は言っていないのに生徒に知られていることもありました…笑

 

といっても出身校についてちゃんと言ってくれない先生を責めないでください。

良くも悪くも講師は塾の方針に従うしかないので、言ってくれない場合は「そういう事情があるんだな」と察してあげてください。