塾講師から見える景色

京大卒の塾講師が感じたことを共有します。

【古文】ステップアップノート30の使い方とレベル感を徹底評価

f:id:yuki-manabi:20220321203710p:plain

古文の教材として人気のステップアップノート30。僕が働いている塾でも古文を学習している生徒にはみんな買ってもらっています。

 

でも実際にどうやって使えばいいのか、どれくらいのレベル感なのか、2種類あるけど違いは何なのか…などなどよくわからないという方も多いですよね。

 

今回は実際にステップアップノートを使い倒している塾講師の立場からこれらの疑問点を解消していきます。

 

ステップアップノートとは

f:id:yuki-manabi:20220321203738p:plain

ステップアップノートとは河合塾から出ている人気の古文参考書のことです。詳しくは後で説明しますが「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル」と「ステップアップノート30古典文法トレーニング」の2種類が存在します

 

目的は文法力の強化。もうこれに尽きます。

名前の通り30の単元に分けられており、1つの単元で助動詞の「む・むず」や敬語法といったトピックを学んでいきます。最後までたどり着けば入試で問われるような文法問題は大半をカバーすることができる構成です。

 

塾専用教材ではないので大きめの書店の参考書コーナーを覗けば高確率で発見することができると思います。

 

ステップアップノートの青と黄色の違い

先ほど少し触れましたがステップアップノート30は2種類存在し、黄色っぽい「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル」と青色の「ステップアップノート30古典文法トレーニング」があります。

 

簡単に言うと、黄色の方が文法だけに特化しており青色は読解の練習も少しできるようになっています。こちらも後述しますが、黄色と青は単元自体は同じものが並んでいるため併用することでより効果を得ることができる構成です。

 

ステップアップノートの使い方

僕が生徒たちと実践しているおすすめの使い方は次の2つです。

①:青と黄色を同時に進める

②:「古文上達45」も同時に進める

まず、ステップアップノート30は先ほども言った通り黄色と青の単元が被った構成になっているので同時に進めても勉強したことがズレているということはありません。そのため、文法事項の定着度を図るために同時並行で進めることが効果的です。

 

また、ステップアップノートには文法面の解説がやや物足りない、読解問題がほとんど載っていないという弱点があります。それを補ってくれるのが「古文上達45」です。こちらは例えば助動詞や敬語といった各単元ごとに解説ページが充実しており文法の補助教材としても優秀ですし、学んだことをすぐに活かせる読解問題が付いています

 

古文初心者は「そんなにやらないといけないの…?」と思うかもしれませんがこの3冊を最後までやっていけばかなり力が付きます。また、ステップアップノートは間違えたところに印をつけておき、3周することをおすすめします。

 

生徒の中でも頑張っている子はステップアップノートを青・黄色ともに5周はしていました…笑。特に2周目以降は上の解説をできるだけ読まずに自力で解けるように心がけてみましょう。

 

ステップアップノートのレベル感

f:id:yuki-manabi:20220321203801p:plain

どれくらいのレベルがステップアップノート30を使うのに向いているかと言われると、古文初心者~中級者までの方にオススメできると言えます。

 

理由としてはそもそも基礎的な文法は古文学習の最初に学びたいもので、各単元ごとに1つの文法事項を学ぶことができるからです。まだ古文を本格的に勉強していない人でもこの参考書を学べば無理なく基礎的な文法力を身に付けることができます。

 

また、ステップアップノート30の青色の方は少し読解問題も載っているので、実際に文章の中でどのように文法が聞かれるかについても学ぶことができます。まず単語帳と文法を固めていくのが古文読解においては大事ですので、その第一歩の教材としては優秀だと思います。

 

ステップアップノートの次はどの教材がよい?

先ほども少し触れましたが、ステップアップノートで文法を固めた後は「古文上達45」で本格的に読解を学びつつ、文法の復習をしていくのがおすすめです。詳しい使い方はまた別記事で説明しようと思いますが、45個の章を最初から全てやっていくというよりも、まずは動詞~助動詞あたりの重要な章を進めていくのがいいかもしれません。

 

また、「古文上達45」が終わった後にはポラリス古文1」や「全レベル問題集古文3」などに進むのがおすすめ。イメージとしては文法→読解へとシフトしていき、より入試に即した形の勉強をしていくということです。

>>全レベル問題集古文3の評価と効果的な使い方をレビューしてみた。

>>ポラリス古文1・2の評価と効果的な使い方を現役塾講師が解説!

 

まとめ

ステップアップノート30は2種類あり、同時並行で進めて文法を早い段階で固めてしまうのがおすすめ。古文は文法を理解できていないとまず読解はできないので、実は勉強においてかなり重要な段階になります。

 

といっても読解の勉強が0というのはもったいないので青色の「ステップアップノート30古典文法トレーニング」の読解部分や「古文上達45」を併用しつつ進めていくのが一番良いと思います。

 

ステップアップノート30は薄いのですぐに1周できると思いますが、1周したくらいでは文法事項は身に付きません。最低でも3周はしていき、基礎をガッチリと固めていきましょう。